こんにちは、ponpoko1968です。

去る5月18日、関西のソーシャルゲーム関係者有志一同で開催している「関西ソーシャルゲーム勉強会」で発表してきました。

この会も昨年6月に弊社大阪事務所で第1回を開催して以来、今回で4回目を迎えました。回を追うごとにご参加いただく方も増え、盛り上がってきています。

今回も盛りだくさんの内容で、Scala+play frameworkという前衛的な技術でサーバサイド構築をされているフリュー様のお話や、ネイティブアプリのブーストで工夫したことについて、社長の大原様自らが、生々しいお話を関西人ならではの率直さで話されたダンクハーツ様など、非常に内容の濃い、バラエティに富んだ勉強会となりました。


さて、今回の私の発表は「ソーシャルゲームのビジネスインテリジェンス」というお題で発表してきました。30分という長めの時間を頂いたので弊社のデータ分析の仕組みと、現在の課題、課題を解決するための技術の調査状況などを発表しました。
945164_269537789859151_87434415_n
249004_269537869859143_761288997_n
 
発表プレゼンは下記からご覧になれます。







最後になりましたが、今回も運営にご尽力いただいたスタッフの皆様、そして会場をご提供いただいたECCコンピュータ専門学校様、発表の機会を頂き、ありがとうございました。

私事で恐縮ですが、今回会場をご提供いただいたECCコンピュータ専門学校様は、筆者が以前短い期間ながら在籍していた職場で、こうして十数年ぶりに教壇に立つことができ、なおさら感慨深いものがありました。



今後も機会があれば日々のデータ分析で得られたノウハウを共有して、業界を盛り上げていきたいと思います。